top of page

他事業のご紹介

O脚・X脚でお悩みの方へ

O脚・X脚とは?

 O脚・X脚は足の形状やアライメント(配置)に関する異常を示す用語です。これらは疾患名等ではなく、またO脚・X脚であることが直接的に疾患リスクを増加させるものではありません。ただしX脚やO脚は、姿勢や歩行に影響を与えるため、関節の健康や身体機能に影響を及ぼす可能性があります。

​大切なことはO脚・X脚をしっかり理解すること

◯症状
1,X脚(かぎ脚、外反性脚):

  • X脚は、正面から見たときに、膝が内側に曲がり、足首が外側に開いている状態を指します。

  • 足首や膝関節の内側に負荷がかかるため、膝関節や足関節の問題を引き起こす可能性があります。

  • 主な原因には、骨盤や下肢の形状の異常、筋肉の不均衡、遺伝的要因、過度の体重などが挙げられます。


2,O脚(内反性脚):

  • O脚は、正面から見たときに、膝が外側に曲がり、足首が内側に向いている状態を指します。

  • 足関節や膝関節に不自然な負荷がかかるため、膝関節や足関節の問題を引き起こす可能性があります。

  • 主な原因には、遺伝的要因、筋肉の不均衡、骨盤の異常、過度の体重などが挙げられます。


◯原因

  1. 遺伝的要因: 姿勢や骨格の形状は遺伝的に決定されることがあります。親から受け継いだ遺伝的特徴がX脚やO脚の原因となることがあります。

  2. 筋力の不均衡: 下肢の筋肉が不均衡な場合、特定の筋肉が過度に強化され、他の筋肉が弱化することがあります。この筋力の不均衡が、X脚やO脚を引き起こす可能性があります。

  3. 骨盤の位置の異常: 骨盤の前傾や後傾など、骨盤の位置が正常ではない場合、それに伴って下肢の形状にも影響を与えることがあります。

  4. 足関節の異常: 平足や高弓足などの足関節の異常は、歩行や姿勢に影響を与え、X脚やO脚を引き起こす可能性があります。

  5. 過度の体重: 過度の体重を支えるために、下肢に過度の負荷がかかることがあります。これによって、X脚やO脚を引き起こすリスクが高まります。

  6. 外傷: 膝や足首の怪我や手術が、X脚やO脚を引き起こす原因となることがあります。

対処法や予防法

  1. 適切な姿勢の維持: 正しい姿勢を維持することが重要です。姿勢を意識して、背筋を伸ばし、骨盤を正しい位置に保つよう努めましょう。

  2. 適切な運動療法: 筋力トレーニングやストレッチなどの運動療法を行うことで、筋力のバランスを整え、姿勢を改善することができます。特に脚の内側や外側の筋肉を強化するエクササイズが有効です。

  3. 理学療法: 姿勢や筋力の改善を目指すプログラムを受けることが有効です。

  4. 足底のサポート: 足底のサポートをするインソールや特殊な靴を使用することで、足関節の位置を補正し、姿勢を改善することができます。

  5. 体重管理: 過度の体重がX脚やO脚の原因となる場合、体重を管理することで負荷を軽減し、症状の改善につながることがあります。

  6. 外科的手術: 重度のX脚やO脚で、保守的治療が効果がない場合、外科的手術が必要な場合があります。手術には骨の切断や骨を補正する手術などが含まれます。

​ ◯当院での施術
 当院ではカウンセリングと姿勢分析により原因をしっかりと把握していきます。どこの部位から影響をうけているのか。を考えることが大切です。膝関節の安定性が改善しても、すぐに再発するだけになってしまします。
 根本的な改善策のためには、局所的原因と全身的原因に分けて分析し、必要性に応じて介入方針を決定します。症状が再発しないようにセルフケアを覚えるまでが何よりも大切です。

​ 期待できる効果
・膝関節アライメントの改善
・膝関節周囲筋のリラクゼーション
・姿勢の改善
・再発予防


 当院では、お電話またはLineにて事前相談を承っております。
​ まずはお気楽にお問い合わせください。

〜​ あなたにおすすめのコース 〜

​草加店
ご予約・お問い合わせはこちら
​八王子北野店
ご予約・お問い合わせはこちら
bottom of page