top of page

変形性股関節症でお悩みの方へ

変形性股関節症とは?

 変形性股関節症は、股関節の軟骨が摩耗し、変形する病気です。股関節は、体重を支える大きな関節であり、日常生活での活動に重要な役割を果たしています。そのため、股関節の痛みや機能障害は日常生活に大きな影響を与える可能性があります。高齢者によく見られますが、若年層でも発症することがあります。 スクが高まることが知られています。

​大切なことは変形性股関節症をしっかり理解すること

 どんな症状でも同じですが、大切なことは自分の股関節の痛みのタイプを知って、適切な対応をすることです。レントゲンで異常が見つからず、症状が改善できず困っている方が多くいると思います。

◯症状

  1. 痛み: 股関節周囲や大腿部に痛みが生じます。初めは運動時に痛むことが多く、徐々に安静時にも痛みが現れることがあります。

  2. 運動制限: 股関節の可動域が制限され、日常生活の活動が制約されることがあります。

  3. こわばり: 股関節の周囲の筋肉がこわばったり、硬くなったりすることがあります。

  4. 歩行の変化: 歩行時にぎこちなさや変化が生じることがあります。

  5. 股関節の炎症: 股関節周囲の炎症が生じ、赤く腫れたり、熱を持ったりすることがあります。


◯原因

  1. 加齢: 年齢とともに軟骨が劣化し、変形性股関節症のリスクが高まります。

  2. 遺伝: 遺伝的要因が変形性股関節症の発症に関与することがあります。

  3. 肥満: 体重の増加が股関節に負担をかけ、変形性股関節症の発症や進行を促進することがあります。

  4. 関節の不安定性: 事故や怪我により股関節が不安定になると、変形性股関節症のリスクが高まることがあります。

  5. 過度の活動: 長期間にわたる過度の運動や重い負荷が股関節に負担をかけ、変形性股関節症を引き起こすことがあります。

変形性股関節症への対処法や予防法

他事業のご紹介

 股関節の痛みに対しての適切に対処する方法
 

  1. 運動療法: 適切な運動プログラムを組むことで、筋力を強化し、関節の安定性や柔軟性を向上させることができます。理学療法士や専門家の指導のもとで行うことが重要です。

  2. 体重管理: 肥満は股関節に余分な負担をかけるため、体重を適切な範囲に保つことが重要です。バランスの取れた食事と定期的な運動が肥満管理に役立ちます。

  3. 痛み管理: 痛みや炎症を軽減するために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や鎮痛剤などの薬物療法が使用されることがあります。また、温熱療法や冷却療法も痛みの緩和に役立ちます。

  4. 適切な姿勢と動作: 正しい姿勢や運動の仕方を意識することで、股関節にかかる負担を軽減できます。特に、長時間同じ姿勢で過ごすことを避けることが重要です。

  5. 補助具の使用: 歩行用杖や杖、歩行器などの補助具を使うことで、股関節にかかる負担を軽減し、痛みや不快感を軽減できます。

  6. 手術: 重度の変形性股関節症の場合、人工股関節置換術などの手術が必要な場合があります。手術は最終手段として検討され、他の治療法が効果的でない場合に行われることが一般的です。

​ ◯当院での股関節の痛みに対する施術
 当院ではカウンセリングと姿勢分析により原因をしっかりと把握していきます。変形性股関節症の施術では、どこの部位から影響をうけているのか。を考えることが大切です。股関節の安定性が改善しても、すぐに再発するだけになってしまします。
 根本的な改善策のためには、局所的原因と全身的原因に分けて分析し、必要性に応じて介入方針を決定します。症状が再発しないようにセルフケアを覚えるまでが何よりも大切です。

​ 期待できる効果
・股関節の痛みの改善
・股関節周囲筋のリラクゼーション
・姿勢の改善
・再発予防


 当院では、お電話またはLineにて事前相談を承っております。
​ まずはお気楽にお問い合わせください。

〜​ あなたにおすすめのコース 〜

​草加店
ご予約・お問い合わせはこちら
​八王子北野店
ご予約・お問い合わせはこちら
bottom of page