top of page

他事業のご紹介

変形性膝関節症でお悩みの方へ

変形性膝関節症とは?

 変形性膝関節症は、膝関節の軟骨組織が摩耗し、炎症を引き起こす慢性的な疾患です。この疾患は、関節の構造や機能の変化により、痛み、腫れ、関節可動域の制限などの症状を引き起こします。疫学的には、変形性膝関節症は高齢者に最もよく見られますが、若年層でも発症することがあります。

​大切なことは変形性膝関節症をしっかり理解すること

 どんな症状でも同じですが、大切なことは自分の膝関節の痛みのタイプを知って、適切な対応をすることです。レントゲンで異常が見つからず、症状が改善できず困っている方が多くいると思います。

◯症状

  1. 痛み: 膝の関節痛が最も一般的な症状です。活動時や静止時に痛みを感じることがあります。特に長時間の立ち仕事や歩行、階段の上り下りなど、関節に負担をかける動作で痛みが増します。

  2. 腫れと炎症: 膝の関節周囲に腫れや熱感を感じることがあります。炎症が起こると、関節が赤くなることもあります。

  3. 関節可動域の制限: 膝の可動域が制限され、曲げ伸ばしが困難になることがあります。

  4. 剛直感: 膝関節が固まっているような感覚があることがあります。

  5. 転倒や不安定感: 膝関節の安定性が低下し、立ち上がりや歩行時に転倒したり、不安定感を感じることがあります。


◯原因

  1. 軟骨の摩耗: 長年の使用や加齢により、膝関節の軟骨が摩耗し、ボーン・オン・ボーン(骨同士の接触)状態になることがあります。

  2. 肥満: 過体重や肥満は、膝関節に加わる負荷を増加させ、軟骨の摩耗を促進します。

  3. 遺伝的要因: 遺伝的傾向が変形性膝関節症の発症に関与する可能性があります。

  4. 関節への負荷: 高い運動量や過度の負荷がかかるスポーツ、重労働などが関節の摩耗を促進します。

  5. 外傷: 過去の膝の怪我や手術が、後の変形性膝関節症のリスクを高めることがあります。

変形性股関節症への対処法や予防法

 股関節の痛みに対しての適切に対処する方法
1,非薬物療法:
・体重管理: 過体重や肥満がある場合は、体重を減らすことで関節への負荷を軽減します。
・適切な運動: 物理療法や運動療法を受けることで、筋力を増強し関節をサポートし、関節の可動域を維持することができます。運動は低負荷であり、関節に過度の負荷をかけないものが好ましいです。
・補助具の使用: 歩行補助具(杖や歩行器など)の使用により、関節への負荷を軽減し、安定性を増すことができます。
2,薬物療法:
・疼痛管理: 痛みを和らげるために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やアセトアミノフェンなどの疼痛止めを使用することがあります。
・関節内注射: ステロイドやヒアルロン酸の注射が行われることがあります。これらは関節内の炎症を抑えたり、関節の潤滑作用を改善するために使われます。
3,手術:
・重症の変形性膝関節症に対しては、人工関節置換術(膝関節全置換術)が行われることがあります。この手術では、損傷した軟骨や骨を摘出し、人工の関節を挿入することで関節の機能を回復します。
4,その他の治療法:
・温熱療法: 温めることで筋肉の緊張を和らげ、痛みを軽減することができます。
・冷却療法: 氷や冷却パックを用いて炎症を抑え、痛みを和らげることができます。

​ ◯当院での股関節の痛みに対する施術
 当院ではカウンセリングと姿勢分析により原因をしっかりと把握していきます。
 変形性膝関節症の施術では、どこの部位から影響をうけているのか。を考えることが大切です。膝関節の安定性が改善しても、すぐに再発するだけになってしまします。
 根本的な改善策のためには、局所的原因と全身的原因に分けて分析し、必要性に応じて介入方針を決定します。症状が再発しないようにセルフケアを覚えるまでが何よりも大切です。

​ 期待できる効果
・膝関節の痛みの改善
・膝関節周囲筋のリラクゼーション
・姿勢の改善
・再発予防


 当院では、お電話またはLineにて事前相談を承っております。
​ まずはお気楽にお問い合わせください。

〜​ あなたにおすすめのコース 〜

​草加店
ご予約・お問い合わせはこちら
​八王子北野店
ご予約・お問い合わせはこちら
bottom of page