top of page

他事業のご紹介

腰痛でお悩みの方へ

腰痛とは?

 腰痛の原因疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、腰椎分離症、腰椎辷り症、腰椎圧迫骨折など多岐にわたります。腰痛は日本人の有訴率の中でも高い症状ですが、約80%の場合は原因が特定できない非特異的腰痛に分類されます。この場合はレントゲン、MRI等の画像検査にて異常が認められないため、身体の運動機能を丁寧に検査し、原因を探っていく必要があります。

​大切なことは腰痛のタイプを知ること

 どんな症状でも同じですが、大切なことは自分の腰の痛みのタイプを知って、適切な対応をすることです。レントゲンで異常が見つからず、症状が改善できず困っている方が多くいると思います。腰痛の原因は本当に多岐にわたり存在します。特異的腰痛はレントゲンやMRIなどの検査によって原因を特定可能な病気であり、整形外科にて診断されます。ここでは、検査によって病気の原因が特定できない非特異的腰痛についてご紹介します。

 
特異的腰痛
◯症状
 腰の鈍痛・鋭痛、重だるさ

​◯その他の症状
 おしり〜下肢へのしびれ、おしりの痛み、動作の制限、可動域の制限など

◯原因
・筋阻血による疼痛
 中腰姿勢で長時間作業を繰り返すと腰痛が発生します。この時に、レントゲンやMRIで検査しても異常はみつかりません。これは血流障害による痛みが発生しているためです。
・繰り返しの痛みによる影響
​ 一時的な腰痛が改善したとしても、痛みを繰り返すことにより、脳が痛みを記憶することがあります。関節や筋肉の異常は見つからないにも関わらず、強い痛みが発生し、時折、その痛みが長時間持続することもあります。これは脳で発生する中枢性感作という状態で、僅かな刺激に対して過敏に反応する状態といえます。
・股関節ー腰の硬さによる影響
 人間は前屈するときには、腰だけではなく、股関節と協調して動きます。このときに股関節が固くなると、腰の動きが大きくストレスが生じて痛みが発生することがあります。

腰痛への対処法や予防法

 このように腰痛の原因は様々であり、その根本的な要因をしっかり把握してから施術方針を決定していく必要があります。また腰が痛いからと言って、腰だけを施術することでは解決にはならず、その発生メカニズムをしっかり捉える必要があります。

◯当院での腰痛に対する施術
 当院ではカウンセリングと姿勢・動作分析により原因をしっかりと把握していきます。腰痛の施術では、どこの部位から影響をうけているのか。を考えることが大切です。腰椎のS字が薄くなっていることだけを改善しても、すぐに再発するだけになってしまします。
 根本的な改善策のためには、局所的原因と全身的原因に分けて分析し、必要性に応じて介入方針を決定します。症状が再発しないようにセルフケアを覚えるまでが何よりも大切です。

​ 期待できる効果
・腰痛の改善
・姿勢の改善
・ストレス解消
・再発予防


 当院では、お電話またはLineにて事前相談を承っております。
​ まずはお気楽にお問い合わせください。

〜​ あなたにおすすめのコース 〜

​草加店
ご予約・お問い合わせはこちら
​八王子北野店
ご予約・お問い合わせはこちら
bottom of page