top of page

他事業のご紹介

肉離れでお悩みの方へ

肉離れとは?

 肉離れ(肉離れ、筋肉損傷)は、筋肉やその付着部に生じる損傷のことです。通常、筋肉は急激なストレッチや突然の負荷によって引き起こされたり、過度の力がかかることで損傷します。肉離れは、軽度の痛みや腫れから重度の筋肉の断裂までさまざまな程度があります。

​大切なことは肉離れをしっかり理解すること

 どんな症状でも同じですが、大切なことは自分の肉離れの痛みのタイプを知って、適切な対応をすることです。レントゲンで異常が見つからず、症状が改善できず困っている方が多くいると思います。

◯症状 

  1. 痛み: 損傷した筋肉の場所や程度によって、痛みの程度が異なります。

  2. 腫れ: 損傷した部位に軽度から中程度の腫れが現れることがあります。

  3. 運動制限: 痛みや腫れにより、関連する動作や運動が制限されることがあります。

  4. 痙攣や筋肉の硬直: 筋肉が損傷されると、痙攣や筋肉の硬直が生じることがあります。


◯原因

  1. 急激な運動やストレッチ: 筋肉が急激に伸ばされたり、収縮したりすることで、筋肉の繊維が損傷することがあります。例えば、走っている途中で急に方向転換をするなどの動作が該当します。

  2. 外傷: 事故やスポーツ中の衝撃、転倒などによって直接的な外傷が与えられた場合、筋肉が損傷することがあります。

  3. 過度の負荷: 過度の運動や重い物を持ち上げるなど、筋肉に対する負荷が過大な場合、筋肉が損傷する可能性があります。

肉離れへの対処法や予防法

 肉離れの痛みに対しての適切に対処する方法
 

  1. 安静: 損傷した筋肉を休ませることが重要です。怪我をした部位に過度の負荷をかけないようにしましょう。動作や運動を制限することで、損傷した筋肉に十分な休息を与えます。

  2. 冷却: 怪我をした直後には、氷や冷却パックを使って損傷した部位を冷やすことが効果的です。冷却によって炎症や腫れが抑えられ、痛みを和らげることができます。冷却は怪我をした直後から数日間行います。

  3. 圧迫: 怪我をした部位に包帯や圧縮バンテージを巻くことで、腫れを抑え、損傷した組織の安定性を保つことができます。ただし、圧迫をし過ぎないように注意してください。

  4. 挙上: 怪我をした部位を上げることで、腫れを減少させることができます。特に足首や膝を挙げると効果的です。座って足を上げたり、寝て足を枕などで高く上げることで、怪我をした部位に静脈の戻りを促し、腫れを軽減します。

  5. ストレッチとエクササイズ: 痛みが引いてからは、筋肉を柔軟にし、強化するためのストレッチやエクササイズを行います。理学療法士の指導のもとで、適切なストレッチやエクササイズを行うことが大切です。

  6. 痛みの管理: 痛みを和らげるために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの痛み止めを使用することができます。ただし、医師の指示に従って使用してください。

  7. リハビリテーション: 重度の肉離れの場合や、回復が遅い場合には、理学療法士の指導のもとでリハビリテーションを行います。筋力や柔軟性を回復させ、正しい姿勢や動作を取り戻すためのトレーニングが行われます。

​ ◯当院での肉離れの痛みに対する施術

 当院ではカウンセリングと姿勢分析により原因をしっかりと把握していきます。肉離れの施術では、どこの部位から影響をうけているのか。を考えることが大切です。
 根本的な改善策のためには、局所的原因と全身的原因に分けて分析し、必要性に応じて介入方針を決定します。症状が再発しないようにセルフケアを覚えるまでが何よりも大切です。

​ 期待できる効果
・痛みの改善
・周囲筋のリラクゼーション
・姿勢の改善
・再発予防


 当院では、お電話またはLineにて事前相談を承っております。
​ まずはお気楽にお問い合わせください。

〜​ あなたにおすすめのコース 〜

​草加店
ご予約・お問い合わせはこちら
​八王子北野店
ご予約・お問い合わせはこちら
bottom of page