top of page

小学生の食事で大切なこと

更新日:6月11日

「子供頃の食事は大切!」

スポーツをするお子さんを持つ親御さんなら、誰しも思うことかと思います。ただ具体的に何を・どれくらい・いつ食べたらよいのかを知っている親御さんは意外にも少ないのではないでしょうか?

今回の記事では「スポーツをする子供が特に意識するべき栄養素」について簡単に解説していきます。

結論から伝えますと、小学生にとって特に大切な栄養素は3つあります。

今回の記事ではその中の一つである「たんぱく質」について解説します。

たんぱく質と聞くと「筋肉!」というイメージがあるかと思いますが、人間の筋肉をはじめとした皮膚や骨、内臓、血液、髪の毛などの構成成分であるため、育ち盛りの小学生にとっては健全な発育をしていくうえで、必要不可欠な栄養素になります。

 たんぱく質はお肉やお魚に多く含まれていることは皆さんもご存じかと思いますが、「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」の2種類に分けられます。先ほど挙げましたお肉やお魚は「動物性たんぱく質」に分類されるものです。「植物性たんぱく質」は豆腐や納豆などの大豆製品が代表的です。

 たんぱく質を摂取するうえで特に重要なのが「多くの食材から摂取する」という点です。好きなものだけに偏らず多くの食品から摂取することで、不足しがちなビタミンや鉄分も補うことができます。

 今回の記事をまとめとしては

①    「たんぱく質」は小学生が特に意識して摂取すべき栄養素の一つ

②    「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」の2種類がある

③    どちらのたんぱく質もバランスよく摂ることで不足しがちなほかの栄養素も補うことができる


まずは今日の食事から是非意識してみましょう!



閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page