top of page

青少年期のスポーツ障害について

青少年期には、スポーツを通じて健康を維持し、スキルを向上させることが重要ですが、その過程で様々な障害が起こる可能性があります。


スポーツ障害には急性障害と慢性障害の両方が含まれます。

急性障害は、急激な外力や運動によって生じる急な障害です。例えば、捻挫や骨折などがあります。これらの怪我は、スポーツ中に起こることが多いです。



一方、慢性障害は、繰り返しの運動や不適切なトレーニングによって徐々に進行するものです。例えば、過度な負荷による軟骨や靭帯の損傷、成長板の障害などがあります。

これらのスポーツ障害のリスクを減らすためには、適切なトレーニングやストレッチ、休息を取ることが重要です。また、適切な装備の使用や適切な技術の習得も重要です。そして、適切な医療チェックやアドバイスを受けることも大切です。

特に慢性障害は、予防が非常に重要な要素をもちます。この部分のサポートは動作のプロフェッショナルである理学療法士が得意とする部分です。

弊社所属スタッフには、現在、日本代表チームのサポートトレーナーを在籍しており、青少年のスポーツ障害を幅広くサポートできると考えています。

埼玉県草加市周辺でお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談下さい。



閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page