top of page

肩の痛み

五十肩は、肩の周囲の組織が炎症を起こし、痛みや可動域の制限を引き起こす状態です。以下は、五十肩の症状を緩和するためのいくつかの対処法です:

  1. 安静: 痛みや不快感を感じるときは、肩を休めることが重要です。無理な運動や負荷をかけないようにしましょう。

  2. ストレッチと運動: 特定のストレッチや運動を行うことで、肩の可動域を改善し、筋肉の柔軟性を向上させることができます。ただし、無理な運動は避けてください。

  3. 温湿布や氷: 炎症や痛みを軽減するために、温湿布や氷を使うことが有効です。温湿布は筋肉を緩め、血流を促進します。氷は炎症を抑え、痛みを和らげます。使用方法に従って安全に使用してください。

  4. 痛みを軽減する薬: 痛みがひどい場合は、医師に相談して痛みを軽減する薬を処方してもらうことができます。ただし、長期間の使用は避け、必要最小限にとどめるようにしましょう。

  5. リハビリテーション: 専門家の指導のもと、適切なエクササイズや治療法を行うことで、五十肩の症状を改善することができます。

  6. 医師の診察: 症状がひどい場合や自己処置で改善しない場合は、医師に相談しましょう。医師は適切な診断を行い、必要な治療法を提案してくれます。

五十肩は自然に治癒することがありますが、症状が持続する場合は専門家の指導を受けることが重要です。


当院でも柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師、理学療法士が在籍しているため、適切なリハビリを提供することができます。肩関節に限らずお悩みの方は一度ご相談ください。

閲覧数:28回0件のコメント

Comments


bottom of page