top of page

他事業のご紹介

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは?

 坐骨神経痛とは、人体の中で最も太く長い坐骨神経がお尻から足かけて痛みやシビレが続く症状で、ひどい方だと安静にしていても症状がみられます。原因は、脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなど腰椎の異常によって圧迫され起こる場合とお尻の筋肉(梨状筋)で圧迫される場合があり、ディスクワーク・長距離運転・中腰姿勢での作業などの人になりやすいです。

​大切なことは自分の首の痛みのタイプを知ること

 どんな症状でも同じですが、大切なことは自分の首の痛みのタイプを知って、適切な対応をすることです。レントゲンで異常が見つからず、症状が改善できず困っている方が多くいると思います。

◯症状​

  • 腰、臀部、大腿後面、ふくらはぎ、足にかけての鋭い痛み

  • 痛みは刺すような、焼けるような、または電撃のように感じることがある

  • 足のしびれや筋力低下

  • 通常、痛みは片側に現れるが、両側に現れる場合もある

​◯原因

・椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

 椎間板の一部が突出し、坐骨神経を圧迫することが原因です。これが最も一般的な原因となります。

・脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

 脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することによって坐骨神経痛が生じます。特に高齢者に多く見られます。

・梨状筋症候群による坐骨神経痛

 梨状筋が坐骨神経を圧迫することによって起こります。これはスポーツ選手や特定の職業に従事する人々に多く見られます。

・外傷による坐骨神経痛

 腰や臀部の外傷によって神経が圧迫されることがあります。

・その他の原因

 腫瘍や感染症、骨の異常などによる圧迫が原因で起こることもあります。

坐骨神経痛への対処法や予防法

◯保存療法

  • 薬物療法: 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や筋弛緩剤を使用して痛みを軽減します。

  • 理学療法: 筋力強化、柔軟性向上、姿勢改善を目的としたエクササイズを行います。

  • 神経ブロック: 局所麻酔薬やステロイドを使用して痛みを緩和します。

  • 生活指導: 姿勢改善、適切な体重管理、日常生活の活動修正を指導します。

◯手術療法

  • 椎間板摘出術(椎間板ヘルニアの場合): 突出した椎間板を取り除く手術です。

  • 脊柱管拡大術(脊柱管狭窄症の場合): 狭くなった脊柱管を広げる手術です。

  • その他の手術: 神経圧迫を解消するための手術です。

坐骨神経痛の予防方法

適切な体重管理

健康的な体重を維持することで、腰への負担を減らすことができます。

定期的な運動

腰と腹筋を強化する運動を定期的に行うことが予防に役立ちます。ウォーキングや水泳など、腰に負担の少ない運動が推奨されます。

正しい姿勢の維持

座る、立つ、持ち上げる際には正しい姿勢を保ち、腰への負担を軽減します。

ストレス管理

ストレスが腰痛を悪化させることがあるため、適切なストレス管理法を見つけることが重要です。

適切な生活習慣

適度な休息とバランスの取れた食事を心がけることで、坐骨神経痛の予防につながります。

 当院では、お電話またはLineにて事前相談を承っております。
​ まずはお気楽にお問い合わせください。

〜​ あなたにおすすめのコース 〜

​草加店
ご予約・お問い合わせはこちら
​八王子北野店
ご予約・お問い合わせはこちら
bottom of page