top of page

他事業のご紹介

膝の捻挫でお悩みの方へ

膝の捻挫・打撲とは?

 膝の捻挫は、広く一般的なスポーツや日常生活の中で起こりやすい怪我の一つです。スポーツ選手やアクティブな個人によく見られますが、年齢問わず誰にでも発生する可能性があります。また性差はあまりなく、男性と女性の間でほぼ同じ頻度で発生します。

​大切なことは膝の捻挫・打撲をしっかり理解すること

 どんな症状でも同じですが、大切なことは自分の膝関節の痛みのタイプを知って、適切な対応をすることです。レントゲンで異常が見つからず、症状が改善できず困っている方が多くいると思います。

◯症状

  1. 痛み: 捻挫後、膝関節周囲や内側、外側などに痛みが生じます。動かしたり、負荷をかけたりすると痛みが増すことがあります。

  2. 腫れ: 捻挫により、膝周囲の腫れや軟部組織の浮腫が生じることがあります。

  3. 不安定感: 膝が不安定に感じられることがあり、歩行時や立ち上がり時に不安定さを感じることがあります。

  4. 運動制限: 膝の動きが制限され、歩行や運動が困難になることがあります。

  5. 内出血: 捻挫により、膝周囲に青紫色の内出血が現れることがあります。


◯原因

  1. 加齢: 年齢とともに軟骨が劣化し、変形性股関節症のリスクが高まります。

  2. 遺伝: 遺伝的要因が変形性股関節症の発症に関与することがあります。

  3. 肥満: 体重の増加が股関節に負担をかけ、変形性股関節症の発症や進行を促進することがあります。

  4. 関節の不安定性: 事故や怪我により股関節が不安定になると、変形性股関節症のリスクが高まることがあります。

  5. 過度の活動: 長期間にわたる過度の運動や重い負荷が股関節に負担をかけ、変形性股関節症を引き起こすことがあります。

膝の捻挫・打撲への対処法や予防法

 膝関節の痛みに対しての適切に対処する方法

  1. 安静: 捻挫をしたら、できるだけ早く安静にし、膝に負荷をかけないようにします。必要に応じて松葉杖やサポーターを使用することがあります。

  2. 冷却療法: 捻挫後すぐに氷や冷却パックなどで冷却療法を行うことで、腫れや炎症を軽減することができます。

  3. 圧迫: 膝に圧迫バンドなどを巻くことで、腫れや浮腫を抑えることができます。

  4. 高さの調節: 捻挫を起こした膝を、心臓よりも高い位置に保つことで、浮腫を軽減できます。

  5. 痛みの管理: 痛みを和らげるために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や鎮痛剤などの薬物療法を使用することがあります。

  6. 理学療法: 専門家による理学療法を受けることで、膝の強化や柔軟性の向上を図ることができます。

​ ◯当院での膝の捻挫の痛みに対する施術
 当院ではカウンセリングと局所・姿勢分析により原因をしっかりと把握していきます。基本的には包帯・テーピング・サポーターによる安静保持、炎症が落ち着いてきたら運動療法が適応になります。

​ 期待できる効果
・膝関節の痛みの改善
・膝関節周囲筋のリラクゼーション
・姿勢の改善
・再発予防


 当院では、お電話またはLineにて事前相談を承っております。
​ まずはお気楽にお問い合わせください。

〜​ あなたにおすすめのコース 〜

​草加店
ご予約・お問い合わせはこちら
​八王子北野店
ご予約・お問い合わせはこちら
bottom of page