top of page

他事業のご紹介

ストレートネックでお悩みの方へ

​ストレートネックとは?

 ストレートネックとは、本来であれば自然に前弯しているのに対して頚椎(首の骨)が真っ直ぐに近い状態になることを言います。パソコンやスマートフォン長時間みる方は顔が前方に出ます。頭の重さ(約体重の10%)を首の筋肉によって支えなければならなくなるので大きな負担が長時間かかりストレートネックになりやすいと考えられます。主な症状は、筋肉で頭を支えるため首こりや肩こりや頭痛に繋がります。また頚椎には神経や動脈が通っているため、放っておくとシビレや上肢の筋力低下・感覚障害が生じる場合があります。

​大切なことはストレートネックのタイプを知ること

 どんな症状でも同じですが、大切なことは自分の首の痛みのタイプを知って、適切な対応をすることです。レントゲンで異常が見つからず、症状が改善できず困っている方が多くいると思います。ストレートネックには大きく2つのタイプに分けられます。筋肉のコリにより生じるタイプと骨変形によるタイプです。

◯症状
 首の痛み/首の可動域の制限/肩甲骨周囲の違和感など

​◯その他の症状
 頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、頚椎症性脊髄症、転移性脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、強直性脊椎炎、関節リウマチなどによる症状の可能性があります。

◯原因
・ディスクワーク
 パソコン作業や書類作業を行うときは、猫背になったり、頭が前に出たり、うつむいたりのような姿勢になりがちです。これらは首に大きな負担をかける姿勢のため、作業が長時間かつ長期間になるにつれて、頚椎・肩甲骨周囲の筋肉が徐々に固くなり、ストレートネックの原因となりやすいです。

・長時間のパソコン操作やスマートフォン操作
​ パソコンやスマホを操作する時、うつむいたり頭が前に出た姿勢になっている方がほとんどです。
 そのような姿勢を長時間取ることにより首や肩の筋肉の緊張状態が続き、首や肩の筋肉がコリ固まってストレートネックになりやすくなります。

・不良姿勢
 日常的に姿勢が悪いと、筋肉のバランスが崩れてしまいやすく首や肩周りに大きな負荷が起こしやすくなります。このような負荷が日頃から蓄積され、睡眠時の姿勢、睡眠環境が合わさることで首に炎症が生じ、寝違えの原因になると間がられています。特に長時間スマホを操作する方やディスクワーク者は不良姿勢が続きやすいため注意が必要です。

寝違えへの対処法や予防法

 ストレートネックは改善することも可能なので放置しないようしましょう。ご自身でもできるストレッチや体操もございますし、日々意識することで対策になります。スマートフォンやパソコン等を使用する時間を制限することは根本的な対策にはなりません。重要なことは、日々ケアすることです。

◯当院での寝違えに対する施術
 当院ではカウンセリングと姿勢分析により原因をしっかりと把握していきます。ストレートネックの施術では、どこの部位から影響をうけているのか。を考えることが大切です。首のS字が薄くなっていることだけを改善しても、すぐに再発するだけになってしまします。
 根本的な改善策のためには、局所的原因と全身的原因に分けて分析し、必要性に応じて介入方針を決定します。症状が再発しないようにセルフケアを覚えるまでが何よりも大切です。

​ 期待できる効果
・首、肩、肩甲骨周囲筋のリラクゼーション
・姿勢の改善
・睡眠の質改善
・ストレス解消
・再発予防


 当院では、お電話またはLineにて事前相談を承っております。
​ まずはお気楽にお問い合わせください。

〜​ あなたにおすすめのコース 〜

​草加店
ご予約・お問い合わせはこちら
​八王子北野店
ご予約・お問い合わせはこちら
bottom of page